紫舟 SISYU

NOW OPEN

やんばるアートフェスティバル 2017-2018

12/09, 2017 - 01/08, 2018

概要

概要
 沖縄本島北部地域やんばる地区は、2016 年に国立公園に指定され、2018年には世界自然遺産登録に向けた機運が高まっています。手つかずの自然とヤンバルクイナなどの希少動物の宝庫である「やんばる」の原風景とともに、現代アートや伝統工芸を体感・体験できるアートフェスティバルです。

 沖縄の原風景を撮り続けてきた沖縄在住の写真家・アートディレクター、仲程長治氏を総合ディレクターに迎え、大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味村)をメイン会場に、沖縄本島北部各地域で現代アート<エキシビジョン部門>と伝統工芸<クラフト部門>を展開します。同小学校を「ハコブネ」に見立て、 地域にあふれる「アートのタネ」を発見、体感、さらには創作、発信、共有することで、失くしてはならない島の宝を次世代へ、未来へと運んでいくことを目的にします。



●現代アートが一同に会す<エキシビジョン部門>
<エキシビジョン部門>では、椿昇(美術家)、紫舟(書家)、高木正勝(映像・音楽作家)、照屋勇賢(美
術家)、淀川テクニック(美術家)らを筆頭に、デザインやイラストなども含めた、多彩なクリエイティブが展示されます。


●熊谷隆志氏ディレクションの<クラフト部門>
<クラフト部門>では、様々なファッションブランドのブランディングやクリエイティブ・ディレクターとして活躍する熊谷隆志氏をディレクターに迎え、沖縄の伝統工芸を展示販売。熊谷氏が厳選した、芭蕉布織物工房、城間びんがた工房、若手から実力派までの陶芸・工芸が出品されます。
詳細
[会期] 2017/12/9(土)~2018/1/8(月)
[会場] 大宜味村立旧塩屋小学校(沖縄県国頭郡大宜味村塩屋538)
[作品] 絵から輪郭線を取り出し、墨蹟の彫刻となって絵と融合し直す。今までの浮世絵に加え春画が新しい題材となって新作登場。他、書のキュビズムやフランスで評価を受けたカラス屏風の新作など。
[URL] http://yambaru-artfes.jp/
料金
入場無料
主催
やんばるアートフェスティバル実行委員会
共催
大宜味村、島ぜんぶでおーきな祭
後援
沖縄県、国頭村、東村、今帰仁村、本部町、名護市
公式ホームページ
http://yambaru-artfes.jp
― 『やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ』総合ディレクター 仲程長治 コメント―

僕は常日頃から、人類滅亡のその時に自分は「ハコブネ」に乗れない人間だと思っている
僕のように写真やデザインを生業にしている者はデザイナーだ、クリエイターだと格好つけても
しょせん、地球の未来に不必要な人種だからだ
「ハコブネ」に乗るべき人種とは自然と向き合い、日々の糧を獲得できる知恵と技を持った畑人や海人
命を危険から守り、産み育てることができる母親や医者
人類を未来へと導くことができる哲学者や学者たちだろうか
しかし、よく考えてみれば
種を育て、花を咲かせ、糧を実らせるのは太陽や土や水・・・
つまり自然そのものの力であり、人間はその手助けをしているに過ぎない
アート=創造の原点もまた、すべて自然の中に存在している
人間は、自分一人では何一つ生み出せないということを
もっと自覚しなければならないだろう
地球の未来には不必要な僕たちクリエイターではあるが
この世に生を受けた者として、果たさなければならない役割はある
それは、未来に残すべき記憶を、記録しておくこと
地球の未来のために失ってはならないもの・・・
宇宙の理や、地球で生きていくための知恵や術、
誰かの大切な想いや祈り、儚く美しい自然の色かたちなど・・・
この島に脈々と受け継がれてきた「目には見えない宝」を
唄や踊りや絵や写真として遺しておくことが
僕らクリエイターの仕事なのだ
一人のクリエイターが死んでも
一人のクリエイターが生み出したアートは小さな種となり
ハコブネに乗って未来に運ばれ
いつかきっと芽吹く日が来ると信じている