紫舟 SISYU

ぼくの涙はいつか月にとどくだろう

ぼくの涙はいつか月にとどくだろう

「ぼくの涙はいつか月にとどくだろう」(ぼくのなみだはいつかつきにとどくだろう)

2019年
キャンバス、アクリル絵の具
パネル
H53×W45.5cm
個人象


"スガシカオさんの歌詞は本当に難しい。
だからスガさんの曲を沢山調べて歌詞を読みました。
スガさんの歌は人生の応援歌のように感じ始めました。

歌詞は難解でも想像しながら描いてみた。

人は空をじっくり見上げることは多くない。
夜空の星を見上げることより、長く月を見つめるほうが切ないときが多い。
涙を目の中にためながら、涙を流しながら月を見ると、どんな景色にみえるのかな。
そんなことを想像しながら描いてみました”


出典:スガシカオ「月とナイフ」